カネロク松本園

静岡の茶草場農法|カネロク松本園 静岡県牧之原 こだわりの燻製茶

静岡の茶草場農法

茶草場農法

静岡県大井川流域において、茶園にススキなどの敷草を施す農法が伝統的に行われております。
茶栽培において良質な土作りのために伝承されてきた農法が、茶草場における在来植物の多様性を保全してきたことがわかりました。

茶園の敷草として、ススキに他ササ等が使われます。定期的に刈り取ることにより、キキョウやノウルシ、カワラナデシコ、ツリガネニンジン、ササユリなどの絶滅危惧種や稀少野生動植物種が、採草地で多様な動物、植物と共に生存しています。草を刈ることにより大地にある恵に日光が当たり、命が育まれます。

【茶】を通じて、日本の【農】を伝える

当園はこだわりのお茶作りだけではなく、
【国内の世界農業遺産】の認知度向上にも取り組んでおります。
世界農業遺産は他の世界遺産とは異なり、目に見えない遺産。
社会や環境に適用しながら発達し、人の手が入ることにより形づくられてきた
文化や景観を保全するシステムです。
世界に価値を認められた
静岡の【茶草場農法】未来に伝承していく責任があります。

カネロク松本園 通信販売はこちら-オンラインショップ-